公益社団法人東京都獣医師会大田支部 大田獣医師会トップページ画像

ごあいさつ(活動内容)

 

大田獣医師会のホームページにアクセスしていただき
ありがとうございます。

大田獣医師会は、公益社団法人東京都獣医師会の会員であり

大田区で動物診療施設を開設またはここに勤務している獣医師

で構成されています。

大田獣医師会は、公益活動として東京都または大田区からの委託事業や動物愛護事業など様々な事業を展開しています。

具体的な活動内容は、

1、狂犬病予防推進事業

所属会員動物病院を会場とし、大田区保健所と協力して狂犬病予防集合注射を

一定期間実施し、区民の皆様への狂犬病予防の啓蒙と接種率向上に寄与しています。

2、動物愛護推進事業

犬を飼い始めてから問題行動に戸惑う飼い主様が非常に多いことから、

犬の訓練士さんとの協力の下、犬のしつけ方教室等を実施し、

区民の皆様に動物とより良い関係を築いていただくための活動をしています。

3、猫去勢不妊助成事業

猫は屋外に出てしまうと繁殖して増えるため、これが大きな社会問題になっています。

不幸な子猫を増やさないため、また野良猫等による衛生環境の悪化を改善するため、

大田区と共に猫の去勢不妊手術助成事業を実施しています。

4、学校飼育動物事業

学校飼育動物に関する相談、診療、指導を行い、

学校飼育動物の健全な飼育の向上の手助けをしています。

5、災害対策事業

大田区と、災害時の動物の対応に関しての話し合いや取り決めを進めています。

東日本大震災以降、災害時の対応の重要性がより一層迫られています。

獣医師の出来る事、それは動物の命を助ける事、

ひいては飼い主様の不安を取り除くことだと考えます。

それが私たちの使命であると考えています。

 

その他にもマイクロチップ普及活動など、人と動物が共存し、

より質の高い生活ができるようになるための活動を進めています。

今後は公益事業の推進のためにホームページ等の媒体も利用し活動して行く予定です。

これからも皆様のご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

公益社団法人東京都獣医師会大田支部支部長 大田獣医師会会長  山本 剛和

 

このページの先頭へ